建設労務安全研究会より「建設工事における”墜落制止用器具(通称「安全帯」)”に係る『活用指針』」
についてご案内が届きました
標記の件につきまして、安全帯の法令改正に伴い特別委員会で検討してまい
りました『活用指針』が完成しましたのでお送りいたします。
本指針は、関係法令及びガイドラインの遵守徹底を図りつつ、可能な範囲で
“胴ベルト型安全帯”を引き続き活用してくという基本方針の下でとりまとめた
ものです。
安全帯使用に関する参考としてお役立てくださるようお願いいたします。
ご利用の場合はお手数でございますが、ダウンロード・印刷等を各自でお願い致します

20181221墜落制止用器具に係る活用指針〔完成版〕